ブログ

2020.03.22

年代別のおすすめ訪問着!人気の色や柄を紹介

年代別のおすすめ訪問着!人気の色や柄を紹介

訪問着は、女性なら一度は着る機会がある着物です。

裾と袖に柄が描かれたものが多いですが、柄の大きさや雰囲気は商品によって大きく変化します。色や柄も豊富で、好みに合わせた着物を探しやすいでしょう。

年代別に、どんな色や柄が人気なのか解説します。

>訪問着のレンタルをご希望の方はこちら

付け下げと訪問着の違いとは?

【基礎知識】訪問着と色留袖の違いは?

訪問着を購入する場合の値段は?レンタルとどちらがお得?

10代、20代の女性が訪問着を着るときに人気の色柄は?

京都の祇園で着物レンタル

若い世代には、鮮やかなカラーや派手めの柄が人気です。振袖を着用できないときや、親族以外の結婚式などに参加する場合に訪問着が使われます。

着物は落ち着いて見えることも多く、地味な色柄だと大人っぽくなりすぎるのも明るい色や柄が好まれる原因でしょう。

10代に人気の色柄

基本的に、10代のうちは振袖を着ることが多いのではないでしょうか?

10代向けの訪問着を探していても、振袖のほうがたくさん見つかるかもしれません。

早く結婚した人や、振袖では派手すぎると考えたときに訪問着が活躍します。ちょっとした食事会や展覧会に出かけるなど、おしゃれをしたいときにも便利ですよ。

イベントや式典の種類にもよりますが、10代であれば振袖のように派手な訪問着でも差し支えはありません。

明るくツヤのあるピンクや水色などのカラーや、大ぶりな柄の訪問着がおすすめです。

普段のお出かけに利用するのであれば、色柄はどんなものでも差し支えはありません。10代で着物を着ている人は少ないため「これがふさわしい」と言うルールを心配することもないでしょう。

まずは自分好みの色柄を探して、着てみるのがおすすめですね。先進的で個性的な柄なども好まれるでしょう。洋服のブランドとコラボした商品も人気ですね。

20代に人気の色柄

20代前半と後半でやや好みが異なりますが、明るいカラーが人気なのは10代と同じです。可愛らしいピンク色は、若い世代に好まれます。

着物は年代が上の人が着用しているイメージもあり、上品すぎる色柄を選ぶと年齢が上に見られがちです。若く見られたいときは、少し派手かなと思うくらいの着物を選ぶと失敗しにくいでしょう。

結婚式の参列に訪問着を着る人も増えてくる年代のため、吉祥柄や淡い色のカラーが人気です。暗めのカラーを選ぶ場合は、あえて派手な柄を選ぶという人も多いですね。

30〜40代が訪問着を着るときに人気の色柄は?

京都の祇園で着物レンタル

30代になると、結婚式や子供の入学、卒業式などに訪問着を着る女性も増えてきます。振袖のように真っ赤な訪問着などは避ける傾向はありますが、爽やかで明るいカラーや個性的な訪問着も人気ですよ。

30代に人気の色柄

30代になると、友人や親戚の結婚式、子供の入学式などのイベントに訪問着を着ようと考えることも多いでしょう。

若々しく見られたい女性は、ピンク、水色、グリーンなど爽やかなカラーを選びます。色味も鮮やかな雰囲気のものが多く、柄が全体的に入ったものが人気ですね。エメラルドグリーンやブルーグリーンなど、あまり見かけないカラーを選ぶ人もいるでしょう。

多くの人が着物を着る入学式などではほかの人と似た柄にならないよう、個性的でレトロな柄を選ぶ女性も多いようです。目立つ柄だけでなく、糸で模様を表現した縫い取りの訪問着などを着用する人も増えてきます。

40代に人気の色柄

40代の女性はフォーマルな式典や子供の卒業式、食事会などで訪問着を着用するシーンが増えます。

明るい色味で、上品な柄の着物が人気を集める世代です。着物を着慣れている場合は、少し暗めのカラーでも個性的な柄をチョイスして存在感を引き出せるでしょう。

柄は派手めなものが多いですが、色味はやや濃い目のものか淡くくすんだベージュやピンクなどが主流で、目立ちすぎる明るいカラーは減ってきます。水色など、甘くなりすぎないカラーでは明るめの色を選ぶ人も多いようですね。

50代以降の女性が訪問着を着るときに人気の色柄

着物の着付け

50代以降になっても、訪問着の色味は明るいものが人気です。よく選ばれるのは派手すぎないグレーやベージュですね。

ツヤのあるものや派手すぎる柄は避ける人も多いですが、フォーマルな式典や食事会では目立つ色柄のほうが若さを演出できます。

50代に人気の色柄

明るいグレーや落ち着いた色合いのピンクなど、華やかさを演出したい場では明るめのカラーが人気です。体をすっきり見せたいときには濃い目のカラーも選ばれますが、黒地に豪華な柄などメリハリのきいたものが多いでしょう。

黒のような濃いカラーでも、柄がたくさん入っているものであれば全体が明るく見えます。黒地に白っぽい花柄の着物もよく選ばれますね。

60代に人気の色柄

ピンク色を選ぶ人は減ってきますが、落ち着いた淡いグリーンや明るいグレーなどの色味は人気です。ベージュやえんじ色などを選ぶ人も増えてくるでしょう。

上品な柄を好む人も多く、すっきりとした雰囲気の花や波の柄が多いようです。50代と同様、黒地の訪問着も人気ですね。

70代以上に人気の色柄

明るい色合いを好む人は、グレーや淡いグリーンなどがおすすめです。くすんだグレーや黒っぽい濃いめの色柄も多く見られます。

可愛らしい花柄だけでなく、シンプルな模様を選ぶ人も増えてくるでしょう。着物がシンプルになるぶん、華やかな場面では帯にツヤ感のあるものを選ぶ人もいるようです。


この記事の著者

梨花和服。浅草と京都市内の嵐山、祇園、清水寺に着物レンタル店を4店舗展開。

着物レンタルなら梨花和服 浅草店
京都の着物レンタル梨花和服
着物レンタルなら梨花和服 祇園店
着物レンタルなら梨花和服 嵐山店
着物レンタルなら梨花和服 清水寺店