​サービス利用規約

第1条 はじめに

この利用規約は、TripFarm株式会社(以下「当社」)が着物レンタル梨花和服各店舗にて提供する着物レンタル及びそれに付帯する役務の提供(以下「本サービス」)における利用条件を定めるものである。

法人・個人を問わず、サービス利用者、店内見学者、利用者に帯同した者(以下「利用者」)は、本サービスを利用、及び当社に入店したことをもって本規約に同意したとみなす。

本利用規約はインターネット上に公示されていることから、ホームページからの予約に限らず、電話での予約・予約せずに来店した際、いずれの場合においても同意があったこととみなす。

当社のサービスを代理して販売・紹介するものにおいては、当該代理主体の責任において利用者に説明同意を得るものとし、説明の瑕疵について当社は一切の責任を負わない。

また本利用規約は、当社従業員が口答で案内した内容に優先し、紛争の際は、本利用規約をもって紛争解決にあたることとする。

本規約に規定のない事項については、本サービスの提供場所での案内、法令又は一般の慣習による。

第2条 本サービスの受付時間・提供時間

本サービスの提供時間は、各店舗のホームページ記載の時間までとする。

※本サービスの提供時間以外は、役務提供や手荷物の預かり/受け取りはできない。

※一回のサービスに付き、手荷物の預かり/受け取りは、それぞれ1回限りとし、荷物の出し忘れ、入れ忘れについて再度荷物の預かり/受け取りをする場合は1回毎に500円(税別)を申し受けることがある。

本サービスは、利用者と従業員の安全確保のため店舗の市区町村において気象庁発表の大雨(土砂災害、浸水害)、洪水、暴風、暴風雪、大雪の警報が営業開始2時間前に発令された場合通告なしに閉店となり役務は提供しない。また、注意報であっても基本的には閉店となる。その際利用者に不利益があったとしても当社は一切責任を負わない。

第3条 本サービスの利用料金

本サービスの利用料金は、利用するサービスのプランにより変動される。

当社は、本サービスの利用料金を予告無しに改定することがあり、利用の際には、利用者の責任において最新の「ご利用料金」記載のページを確認することとする。

第4条 本サービスの延長料金

利用者が手荷物を預け、期限までに受け取りができない場合は、本来の期限までに電話連絡をすることとする。電話連絡がなく、期限を超えて受け取る際は着物の延長料金とは別に日毎5,000円を利用者1人毎に申し受ける。

また、万が一HP記載の最終返却時間を超えて返却する必要があり、当社従業員が待機、もしくは従業員が帰宅後店舗に戻ってこなければならない場合、スタッフ人件費保証として本来の返却時間からレンタル品が従業員に返却されるまでの時間10分あたり1,000円を1着毎に申し受ける。また、スタッフが自宅から向かう必要がある場合はその距離にかかわらず30,000円の交通費を申し受ける。また、当該規約については、道路の混雑・公共交通機関の乱れ・体調不良など一切の事情を考慮しないことに利用者は同意する。

※延長料金・人件費保証は、手荷物の受け取り時に現金にて請求する。

※当該、延長料金・ 人件費保証・交通費保証はサービス利用時点で納得・合意したものとし、改めての通告を必要としないことに利用者は同意する。

※なんらかの理由により電話がつながらない場合も利用者の責任において、繋がるまで連絡するものとし、電話が繋がらなかった場合、メール等で連絡した場合でも本項の規定から外れるものではない。また、メールに対して当社の反応が遅く、何時間もかかったとしても当社は一切の責任を負わない

第5条 取り扱いできないもの

当店が預かり管理する荷物は衣類のみを想定しており、特に次のものを預けることは絶対にできない。

① 貴重品(家・車の鍵、高級な衣類、バッグ、宝石、時計等)・精密機器(パソコン・デジカメ・ゲーム機・タブレット等)現金

② 爆発性、発火性、その他の危険性のある物

③ 生物、冷凍品、冷蔵品、青果、生花、水漏れするものや変質しやすい物

④ 公序良俗に反する物(麻薬・危険ドラッグ等、法律により使用が禁止されている物)

⑤ 預け入れバッグに入らない物

⑥ 思い出の品、贈答品などの当社からの金銭賠償で保証できない価値を客観的、主観的に有するもの

⑦ 壊れやすく変形しやすいもの

⑧ 上記のものに当てはまらないが、当社にて預かりが難しいと判断した物

第6条 利用の拒絶

当社は、利用者が次のいずれかに該当する場合には、本サービスの利用を断ることができる。

① 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第 77 号。以下「法」とい います。)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」)の活動を助長し、 又はその運営に資することとなると認められるとき。

② 利用者が次に掲げるものであるとき。

ア 暴力団、法第2条第6号に規定する暴力団員、暴力 団準構成員、 暴力団関係者その他の反社会的勢力であると認められるとき。

イ 暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であると認められるとき。

ウ 法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があると認められるとき。

エ 当社に対し暴行、脅迫等の犯罪行為又は不当要求を行う者、当社従業員が威圧的であると感じる態度を取る者。

第7条 当社の賠償責任

当社の、利用者の手荷物に対する責任は、利用者が荷物を預けたときに生じ、また当社が利用者に手荷物を引き渡したときに終了するものとする。

1. 当社の取扱中、当社の責に帰すべき事由により生じた手荷物の滅失又はき損により生じた損害については、手荷物1個につき 1万円までを責任限度額とし、手荷物の価格を基準として滅失、又はき損の程度に応じ責任限度額の範囲内で実損額を賠償する。

なお、当社は、第5条に 規定するものを含む手荷物については、滅失又はき損その他一切の損害について賠償責任を負わない。

2. 当社は、賠償金請求に応じる場合円貨で賠償する。

3. 前段の規定による賠償金の請求権は、利用者が、当社から手荷物の引渡しを受けた日から起算して7日間これを行わないことによって消滅する。

第8条 利用者の責任

本サービスを利用する場合、当社従業員、店内の掲示に従うものとする。

本サービスを利用する際に、当社従業員、店内の掲示にしたがわず、他の利用者、第三者に損害を与えた場合、利用者の責任をおいて賠償を行い、当社は一切の責任を負わない。

【重要】

第9条 免責事項

1. 当社は、本サービスの提供において、人為的なミス、当社従業員の遅刻、その他が原因で発生した利用者または他者の損害に対し、一切責任を負わない。

また下記記載の免責事項は長文である本利用規約において、特に重要であることを明示しているため、その強調義務を果たしていることから、利用者が下記記載における条項は利用に際し必ず同意していることとする。

以上のことから、民法における「約款に含まれていることが合理的に予測できない条項(いわゆる不意打ち条項)」には該当しないことを確認し、本規約に同意できない場合や、規約が長文で読みきれない場合には本サービスを利用しない自由が事前に存在していたことを確認する。

2. 当社は、本サービスの提供にあたり、次の細則に該当するときは、利用者も下記の事象が発生し得ることを予見・同意しているとみなし、利用者に、金銭的・時間的・精神的不利益が発生したとしても当社は一切責任を負わない。

3. 利用者の不利益に関する当社の責任は、役務提供をした日から14日以内に通知を発しない限り消滅する。

▼細則

①荷物入れの素材塗料が、荷物の内容物に付着し色移りすること。

色移りしそうなものは利用者の責任において、ビニール袋等で保護すること。

②利用者が預けた荷物は、店内で頻繁に移動し、当社従業員は内容物が衣類のみであること想定しているため、預け入れた荷物に衝撃が加わることがあり、預かり期間中に、荷物保管に内容物が破損・変形すること。

③当社社員が着衣・脱衣を手伝う際に、衣類内の電子機器等が落下し破損すること。

④混雑等の何らかの理由により役務提供が予定より遅れ、人力車・レストラン・公演等の予定におくれること。

⑤当社の商品は店頭に並んでいるものとし、事前に電話やメールにて、サイズや柄等、商品の指定をされ、当社社員が在庫がある、もしくは取り置きすると約束したが、役務提供日に指定のものが用意できないこと。

⑥別途見積書を提出したものを除き、電話口等で値段を伝えられていても、HP記載の値段を優先し、口答での伝え間違いより利用者に不利益が発生すること。

⑦不特定多数が出入りする場所に荷物を保管していることに利用者は同意し、預けていたものが紛失/盗難されること。

特に貴重品や贈答品などの当社からの金銭賠償で保証できないものは自己管理し、賠償は一切行われない。

⑧当社のレンタルする衣類は不特定多数の顧客にレンタルしている品であり、当社が合理的な範囲による洗浄を行っている場合、肌荒れ・発疹・感染症の罹患等については責任を負わない。

また、当社は、市販洗剤による洗濯・市販アルコールによる除菌・市販用消臭除菌スプレーにて衣類の洗浄を行っており、当該洗浄方法について、本サービスを利用する際はこれらに納得・同意をし、これらの洗浄方法を行ったにもかかわらず発生した、肌荒れ・発疹・感染症の罹患等については、当社の責に帰すべき理由にはあたらないことを同意する。

また、レンタル品は店舗内の現品を提供物とし、出発後の破損等については当社は責任を負わず、破損・瑕疵の有無については利用者の責任において現品を確認すること。

⑨電子機器等が当社の責に帰すべき理由により破損したとし、賠償責任が発生したとしても、電子機器本体の価値、もしくは別に定める賠償上限までを責任範囲とし、写真・データ等の電子的記録の価値は一切賠償しない。

⑩店外での転倒については、路面状況、利用者の歩き方も影響するため、当店は一切の責任を負わない。

⑪店内での転倒・火傷・その他怪我については、店内の掲示、従業員の案内に従わなかった場合は、責任を一切負わない。また店内においては急な階段があり、昇降する際は手すりを掴み昇降する。荷物で手がふさがっていた場合も、利用者が従業員に声がけをし従業員に手伝ってもらう。従業員が繁忙につきすぐに対応できない場合は従業員が手伝えるようになるまで待機する義務を負う。手すりももたず、利用者が転倒し怪我した場合でも当社は一切の責任を負わないことに利用者は同意する。従業員が手すりをもたず上がってもよいと伝えたとしても、当該規定を外れない。

ヘアセット中については、高熱の機器を使用して施術するため、極力動かず、店員の指示に従うこと。また施術中の従業員の近くには立ち入らないこと。

⑫着物保険に入っていたとしても、「悪意ある」、または「故意に」、「重過失で」着物に破損があった場合着物保険の適用を外れる。

「悪意」「故意」「重過失」の基準は当社の主観によるものとし、客観的指標としては複数、または大きさ15センチ以上の汚損・破損、タバコの穴、または恫喝的・威圧的な態度の顧客の汚損破損を含む。

⑬ 利用者自身の過失により損害を受けること。

⑭ 天災事変その他不可抗力により手荷物が滅失又は変動したこと。

⑮ その他当社の責任によらない理由によって利用者に損害が生じたこと。

⑯ 過重量・過容量による手荷物破損。

⑰ 老朽化など手荷物固有の不具合に起因した破損。

⑱ キャスター・ストラップ・フック・鍵の破損・欠損並びに付属品(名札・ベルト等)の破損・欠損。

⑲ 軽微な破損(擦り傷・切り傷・へこみ・汚れ)

⑳ ヘアセットがイメージと異なり、満足できない場合。また、髪にリボンを結ぶ・持参したヘアアクセサリーを使用する等、施術に時間を要するセットの希望をされた場合に、スタッフの判断により希望のヘアセットを断る場合。またいかなる場合においてもヘアセットのやり直しは行わない。

㉑ 利用者同士で、服・靴を取り違えた場合などにより手荷物が紛失した場合。なお、手荷物は利用者の責任において管理することとする

㉒ 利用者が店内に忘れ物した場合、荷物の取り置きはせず、当日中に破棄することに利用者は同意する。また忘れ物については利用者が自身の責任において来店の上引き取りにくることとし、郵送対応は絶対に行わない。

㉓ レンタル品の汚れ・破損については、利用者が自己の責任において確認することとし、店舗に陳列してあるものを商品とする。汚れ・破損がある商品については、レンタルしない自由が事前に存在したことを確認する。また従業員が汚れ・破損に気付かず着付けを行い、役務提供後に利用者が汚れ・破損に気づいたとしてもその不利益について当社は何らの責任を負わない。

㉔ リスクアセスメントの観点から、従業員が役務提供中に飲食物を摂取することに利用者は同意する

㉕ 当社は、民族・性別・性的指向など一切の差別を許容しない。宗教、民族、性的志向、LGBTなどを理由とし、着付ける部屋を分ける等、実務上当社が特別対応が必要になった際、社会通念上相応の対応した上で、利用者が、前後の予定に遅れる、通常より時間がかかる等のあらゆる不利益を被ったとしても当社は一切の責任を負わないことに利用者が同意する

㉖ 本規約第4条について利用者は同意する

㉗ 上記項目に関連する一切の破損

第10条 賠償事項

本規約の「第8条 免責事項」の以外に、明らかに当社の責任により利用者の手荷物を紛失した場合、賠償限度額は1万円までとする。

第11条 利用規約・サービスの変更等

本規約は、予告なしに変更、追加、削除されることがある。利用者に個別通知することはしない、利用の際には、利用者の責任おいて最新の「サービス利用規約」を確認することとする。

第12条 準拠法及び管轄

本規約の準拠法は、日本法であり、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とする。