着物レンタルのブログ

2020.03.9

着物レンタル

七五三の時に着る母親の服装はこれ!

着物レンタル 梨花和服

七五三で子ども向けの衣装はいろいろ紹介されているけれど、母親はどうすればいいの?と迷っている人もいるでしょう。ここでは、お母さんがどんな服装で参加すればよいのか、ヒントになる情報を紹介しています。主な服装や、着物を選ぶときのポイントもまとめていますよ。

七五三で母親はどんな服装をすればよい?

梨花和服の店舗

「子どもには振袖や袴を着せるけれど、自分は何を着ていくのがよいのだろう?」と悩むお母さんは多いですよね。七五三ではある程度フォーマルに装っていれば、細かいルールは定められていません。

お母さんにおすすめの服装を紹介しましょう。

着物

せっかく子どもが素敵な着物を着るのであれば、お母さんも合わせたほうがおしゃれに装えます。家族の集合写真も華やかなものになるでしょう。

普段、着物を着る機会が少ない人も、子どもと一緒に着物でのお出かけを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スーツ

子どもが小さいうちは、手を引いたり抱っこしたりとお母さんも大変です。着物では子どもの面倒を見るのが大変と感じるなら、スーツなどの動きやすいスタイルはおすすめです。

スーツの場合はパンツスーツなどもあり、足元を気にすることなく動けます。子どもがアクティブで走らなければならないなど、状況によってはスーツで出かけて着物は写真撮影のときのみでもよいですね。

ワンピース

スーツと同じく、上品なワンピースなら礼装として十分です。派手すぎるものを避ければ、きちんとしたお母さんに見えるでしょう。黒や紺などの落ち着いたカラーや、白、ベージュなどの組み合わせが人気ですね。

七五三で母親が着用できる着物の種類

七五三は、子どもが主役の儀式です。女の子は振袖、男の子は羽織袴で正装しますね。母親は子どもの付き添いという感覚のため、セミフォーマル程度の着物がおすすめですよ。

訪問着

訪問着は適度に格のある着物で、色柄も豊富です。おしゃれな着物を着たいお母さんにもぴったりですね。上品な色合いを選べば、素敵な着こなしになりますよ。

訪問着は豪華な柄や派手な色も多いため、少し控えめなものを選ぶとちょうどよいでしょう。

訪問着と付下げの違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください
付け下げと訪問着の違いとは?

付け下げ

訪問着より少し控えめな柄が多く、シンプルにまとめたい人にぴったりです。地味すぎるものでなければ、訪問着とそれほど格的にも変わりません。

古典柄ややさしい花柄など、使いやすいものが多いでしょう。

色無地

基本的に1色で染められている色無地は、柄選びが苦手な人におすすめです。模様や紋は入っていますが、遠目からでは上品な印象になります。七五三にも適した格の着物ですね。

お茶会や式典にも使える便利な着物で、1枚持っておくといろいろなシーンで活用できるでしょう。

江戸小紋

江戸小紋の一部も礼装として使用されるため、ものによっては使えます。ただし礼装向けの柄などが限定されることもあり「七五三などに使える」と言われているもの以外を使うのはマナー違反になりがちです。

また、柄にかかわらず一般の小紋はNGとされるため気をつけましょう。

七五三で母親が着物を着るときの注意点

京都で紅葉シーズンに着物レンタル

七五三は子どもがしっかり成長していることを祝う儀式です。子どもが主役ということを意識してお母さんも着物を選ぶのがポイントです。また、地味すぎるものや暗いものも七五三の目的とズレてしまうため、適度なセミフォーマル感が大切ですよ。

格が高すぎるものや低すぎるものは避けたほうが無難

最近は七五三も家族だけで祝うことが多くなり、服装に関しても自由度が上がっています。しかし、子どもと一緒にお母さんが振袖で楽しんでしまうなどは、一般的にはNGです。

また、七五三は儀式の一種でもあり、小紋や紬などのカジュアル系衣装は良しとされません。ある程度フォーマル向けで、格が高すぎる着物を選ばないよう気をつけるのがポイントですね。

もちろん「振袖を着る機会がなく若いうちに着ておきたい」「個人的に写真を撮影するだけだからかわいいほうがよい」など事情もあるでしょう。昔ながらのルールとしてはNGですが、あえてルールにとらわれないようイベントを楽しみたいのであれば自由です。

子どもより少し格を下げることを意識しよう

子どもが主役の七五三では、子ども自身がもっとも格の高いとされる振袖や羽織袴を着用します。お母さんは子どもよりも一段格を下げて、準礼装程度に整えるのがマナーです。

着物を着る場合は、訪問着、付け下げ、色無地などがベターとされます。色留袖などを着用するケースもありますが、七五三にはやや格が高いと考えておきましょう。

準礼装でも派手すぎるものはNG

訪問着や付け下げは、色柄がものによって大きく変化します。子どもの振袖と同じくらい派手な色柄を選んでしまうと、七五三の目的を考えるとNGです。

お母さんが主役のイベントではないため、金銀の糸があしらわれたものや全面に大きな柄が入っているものは避けてシンプルなものを選びましょう。

また、派手でなくても地味すぎるものや不吉な柄もよくありません。子供の成長を祝う儀式のため、派手すぎない古典柄などが望ましいでしょう。

シンプルな着物の場合は色が暗くならないよう注意

色無地などを選ぶ場合、暗い色は避けたほうが無難です。黒い色無地がお葬式に使われるように、喪服や悪いことがあったときに使う服装と考えられてしまいます。

七五三は子どものお祝いごとです。明るめの色を選びましょう。紫やグレー、紺色などはどちらの場合でも使える色合いですが、せっかくのお祝いごとなら鮮やかなカラーがおすすめです。

髪はまとめてすっきりさせよう

ショートヘアならそのままセットするだけで問題ありませんが、ミディアムやロングヘアなら髪をまとめたほうが着物らしさが出ます。

着物はうなじが見える髪型のほうがすっきりとして、美しい印象になりますよ。ボブ程度でも、編み込みやねじりヘアなどでおしゃれに装うのがよいですね。


この記事の著者

着物レンタル 梨花和服
東京都台東区浅草2丁目32-12 原田ビル2F
東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩7分
都営浅草線「浅草駅」から徒歩9分
浅草寺まで徒歩3分
着物レンタルプラン一覧
京都の着物レンタルプラン一覧