着物レンタルのブログ

2019.09.17

花火大会

浅草周辺で浴衣レンタルをして行ける花火大会の予定〜2018年度版〜

浅草で浴衣レンタルをして花火大会

花火大会が多い夏の時期には浴衣でおめかしをして出かけたいですね。最近では浴衣女子が多く目につく花火大会。

浅草周辺でもあちこちで花火大会が予定されています。まずはどんな花火大会があるかチェックしてみましょう。

日付けや時間の、それに場所までのアクセスも調べる必要があります。

2018年の浅草周辺の花火大会!3選

足立花火大会

  1. 日程:7月21日(土)
  2. 19時30~20時30分

関東の花火大会の中でも先陣を切っての花火大会です。

アクセスは東武スカイツリーラインで浅草より15分足らずで最寄り駅に到着。

特徴は河川敷での打ち上げの為、河原の土手からゆっくりと眺める事ができる事です。

打ち上げ花火は1万3600発あり、去年の来場者数は66万人でした。

葛飾納涼花火大会

  1. 日程:7月24日(火)
  2. 19時20~20時20分

柴又の駅までは浅草より20分のアクセスって知ってました?

都営浅草線より京成に乗り継ぐだけで到着。こんなに近くにあったんですね。

下町情緒漂う柴又帝釈天の参道を通過しての観覧場所なので風情があります。

またこちらは観覧場所から打ち上げが近い為臨場感とたっぷりの迫力を味わえます。

打ち上げ花火は1万3000発です。

江戸川花火大会

  1. 日程:8月4日(土)
  2. 19時15分~20時15分

京成江戸川駅までは京成線と都営浅草線を乗り継いでの25分で到着です。

江戸川花火大会はオープニングで1000発が一挙に打ち上げられる迫力ある演出が特徴です。

その他には雰囲気の違うBGMに乗せてドラマティックに1万4000発が打ち上げられます。

レンタル浴衣で花火大会に合わせても素敵です。

あまりアクセスに時間のかかり過ぎる場所では人の混雑などで着く前に疲れてしまいますね。

花火大会では余裕をもって出かけたい、そんな時にはレンタル浴衣を利用しましょう。

何より浅草をアクセスポイントに据えるだけで簡単に移動できます。

着付けて出かければ30分以内に最寄り駅に到着ですから、浴衣の乱れも少なく済みます。

またレンタル浴衣のメリットとしては毎回違う柄の浴衣にチャレンジできます。

前回はこの柄だったから、今回はこちら、という具合に楽しみの幅も広がります。

夏の花火大会は出来るだけスマートに持ち物も少なくして出かける事でストレスも半減します。

自身の浴衣は使用後のクリーニングが大変ですがその必要もありません。

その意味でもレンタル浴衣は手ぶらで出かけて着付けてもらい、終わったら浴衣を戻して身軽に帰れます。

これなら毎週続いての花火大会でも問題無く浴衣で望めます。