東京・浅草の梨花和服浴衣レンタルが男性にも人気の理由

東京・浅草の梨花和服浴衣レンタルが男性にも人気の理由

東京・浅草浴衣レンタルの梨花和服では、男性のお客様も多くいらっしゃいます。

浴衣の季節はこれからです。東京ではあちらこちらで花火大会が開催されます。

ここ浅草近辺でも「隅田川花火大会」が7月28日に、「江戸川花火大会」が8月4日に開催されますが、それに合わせるように街には活気があふれてきています。

花火大会といえば、そう、浴衣!女性はもちろんのこと、男性にも浴衣は大人気。

今回は、なぜ梨花和服では、男性のみで浴衣を借りられるお客様が多数いらっしゃるのか、理由をスタッフに聞いてみました。

男性・メンズ専用の着付け室がある

梨花和服の浴衣レンタルが男性にも人気の理由の一番は、なんといっても男性専用の着付け室があること。

女性の着付け室よりも普段は狭い面積ですが、カップルでのご利用が多い花火大会の日などは、拡大して2部屋が男性用の着付け室になったりします。

浴衣レンタルは女性だけとは限りませんからきちんと更衣室は別れてるんです。

浴衣は日常生活に馴染みがないだけに、ちょっと不安になりますよね。

でも安心して下さい。男性スタッフもいますから、わからないことや困ったことはお気軽にご相談していただけます。

外国人観光客の男性のご利用が多い

そうはいっても、男性同士でレンタルをされていかれるケースは、女性同士で浴衣レンタルをされるケースに比べると少ないことは事実です。

ですが、外国人観光客の方は違います。

特にアジア系の観光客の方は男性同士でも、着物レンタルや浴衣レンタルを楽しんでいかれます。

当店に、英語や中国語、韓国語を話せるスタッフが多くいることが、男性同士でのご来店が増えている理由だと思います。

花火大会に浴衣レンタルをする

東京・浅草周辺での花火大会いえば、「隅田川花火大会」と「江戸川花火大会」。

どちらも多くの人出でにぎわう東京を代表する花火大会だといえるでしょう。

日本の夏といえば、花火と浴衣。彼女とのデートに浴衣レンタルは外せません。

隅田川花火大会などでは、男性グループでご来店されることもあります。女性陣は自宅で浴衣を着てきて、メンズは梨花和服をご利用されるケースも多いです。

梨花和服では、男性用の浴衣もたくさんの種類を揃えていますので、必ずお気に召す一着が見つかるはず。

ここで、ちょっと浴衣の着こなし方のポイントをお教えしましょう。

浴衣はもともと湯上りに着るものだったので、ゆったりと着こなすものです。

胸元は、きっちりしすぎずはだけすぎずがポイント。でも、内側に着たTシャツが見えちゃうのはNGです。

爽やかに着こなすなら、生成りや白系のカラーを選び、帯は黒や紺でアクセント。

渋くカッコよくキメるなら、地色が黒や紺系のカラーで同色系の帯を締めます。

縞や格子柄に黒っぽい帯をシュッと締めると、粋でいなせな江戸っ子風に。

カップルでテーマを決めてもステキですよ。インスタ映えすること間違いなしです。

女性は自宅で着付け、男性はお店で着付けパターン

着物ブームの昨今、着物女子が増えてきましたね。

また、浴衣は着物よりも着るステップが少ないため、自分で浴衣の着付けに挑戦する女性もいらっしゃいます。

そこで、女性はご自宅で着付けをされて、男性のみお店で着付けされるパターンもあります。

男性の着付けはヘアセットが必要なかったり、凝った帯結びが少なかったりと女性の着付けよりも、短時間で終了する場合がほとんどです。

男性は自分で調べてわからずない状態で着付けして出かけるよりも、任せてしまった方がいっそ楽かもしれません。

浴衣レンタル店での滞在をなるべく短く工夫したら、遊びに出掛ける時間もたっぷりとれますね。

いかがでしたか?

この夏、東京の花火大会を浴衣レンタルで思いっきり満喫しちゃいましょう!


東京/浅草 浴衣レンタル 梨花和服

梨花和服 浴衣レンタルプラン

隅田川花火大会/江戸川花火大会 浴衣レンタルプラン