着物レンタルのブログ

2019.02.21

着物着付け

京都で着物レンタルをする前に、浴衣と着物の違いを知っておこう!

京都 着物レンタル

夏の京都や、和文化が映える場所でレンタル着物やレンタル浴衣を着るのはとっても魅力的ですよね。

貴船の川床、祇園祭り、下鴨神社の糺の森の光の祭など、ここでしか味わえない体験ができるイベントがたくさんあります。

もちろん、京都の街並みを散策するだけでも、素敵な思い出を作ることができるでしょう。

さて、京都の夏を粋に楽しみたいなら、やはり浴衣レンタルや着物レンタルするのがおすすめです。

でも、いざ京都で着物・浴衣レンタルをしようとすると、浴衣と着物のどちらをレンタルしようか悩むのではないでしょうか?

夏ならレンタル浴衣、春・冬ならレンタル着物というざっくりした分け方もありますが、せっかく京都で着物レンタルをするなら、着物と浴衣の違いを知っておきましょう!

京都で着物レンタル

もちろん、どちらを選んでも存分に京都を楽しむことができますが、浴衣と着物にはそれぞれにふさわしいTPOや、着付けの仕方など、さまざまな違いがあります。

今回は、そんな浴衣と着物の違いについて、その歴史や柄なども含めてお話したいと思います。

京都で何をしたいのか、どこに行きたいのか、または誰と一緒に街を歩きたいのか……。

希望によってどちらが良いかが変わってくる場合もありますので、京都でのプランをイメージしつつ、どうぞお付き合いくださいね。

  1. 着物と浴衣の違い
  2. 着物と浴衣の着付けの違い
  3. カップルで着るなら、着物と浴衣どっち?

浴衣と着物の違いとは?

浴衣と着物の違いとは、そもそも何でしょうか?

まったく違うものかと言えば、実はそんなことはありません。2つをぱっと思い浮かべてみてください。同じ形をしていますよね。

着物とは、日本在来の衣服、つまり和服のことです。

もともと日本人は、着るもののことを「着物」と呼んでいました。「和」とは日本を指し、西洋の文化の流入とともに普及していった「洋」服と区別をつけるために、自分たちがもともと着ていた服、つまり着物を、「和」服と呼ぶようになったのです。

つまり、「着物」という大きなカテゴリーがあり、その中に「現在着物と呼ばれる和服」と「浴衣」があるのです。

それでは、現在の「着物」と「浴衣」の違いについてお話していきたいと思います。

おそらく皆さんの中では、着物は正装、浴衣は遊び着というイメージがあるのではないかと思います。

着物はフォーマルな場に着ていけるもの、それに間違いはないのですが、着物にも格があり、改まった席に向くものとそうでないものもあります。

しかし、浴衣にはフォーマル向けというものがありません。もともと湯上りの時に着ていたものが、寝るときやちょっとした外出に着られるように変化していったものだからです。

では、他の違いを挙げていってみましょう。

着物の知識

「袷(あわせ)」と「単衣(ひとえ)」という種類があります。袷は裏地つきで生地が二重になっており、単衣は裏地がなく1枚の生地でできています。一般的に、袷は秋から春に、単衣は夏に着用されます。

また、絹や木綿、麻やウールなど、その素材はさまざまです。年間を通して着るものですから、そのときの季節にあった素材が使われます。

柄についても、季節を先取りした花や幾何学模様、動物モチーフなど、その数は数えきれないほどあります。

振袖や留袖、訪問着などには、金糸や銀糸を使って豪華でおめでたい吉祥文様なども施されます。

浴衣の知識

浴衣に裏地はありません。暑い夏に着るのに、裏地なんてつけませんよね。

柄も、昔は素材も白地や紺の木綿が多く、流水やトンボ、うちわなど、涼しげなものにほとんど限定されていました。

現在では夏のおしゃれ着になり、着物もそうですが、ポリエステルなどの化繊のものが増え、色や柄もさまざまになりました。

いかがでしたか?なんとなくイメージはつかめたでしょうか?

それでは、着物・浴衣レンタルをする上で気になる、着物と浴衣の着付けの違いについて見ていきましょう。

浴衣と着物の着付けの違いについて

着物の着付け

浴衣と着物の着付けの違いとはなんでしょうか?

ぼんやりと、着物は面倒、浴衣は簡単、というイメージがあるのではないでしょうか?

具体的にその違いを書いてみましたので、比べてみてくださいね。

着物の着付け

浴衣との決定的な違い、それは襦袢という下着を身に着けることです。襦袢には、着物と同じ形をした長襦袢や、長襦袢を上下に分けて着やすくした二部式襦袢などがあります。

襦袢には「半襟」という替え襟がついており、この半襟によって襟もとの汚れを防止したり、色や柄でおしゃれを楽しむことができます。

また、着物を着るにはそろえるものが多いのが特徴です。

まず着物、襦袢、腰紐、帯、帯紐、帯枕、帯揚げ、帯締め、足袋、草履、補正用下着やタオルなど。

並べるだけで目まいがしそうになるかもしれませんね。まして、それを正しい手順で、綺麗に着付けなければならないのですから……。

特に帯に苦手意識がある方も多いのではないでしょうか?

着物の帯にはたくさん種類がありますが、一般的にイメージされるのはお太鼓結びですよね。

他に、お太鼓結び用の帯の半分の幅しかない、半幅帯というものもあります。こちらはカジュアル向けで、お太鼓結び用の帯に比べると扱いやすく、アレンジ結びも豊富ですよ。

でも、お太鼓結びも半幅帯も、着付け動画を見ただけでは何がなにやらわからない、面倒だと感じるかもしれません。

とはいえ、その面倒さが、着物レンタルをして美しく京都を歩くには大切なんですよね。

最近は着付けのお助け小道具も多いですし、着物・浴衣レンタルの際には、着付けのプロ、京都 着物レンタル 梨花和服のスタッフがついています。

着物・浴衣が着崩れないようしっかり着付けをしますので大丈夫ですよ!

浴衣の着付け

京都の着物レンタルで人力車

浴衣は着物に比べるととってもシンプルです。
とりあえず、浴衣そのものと、帯、下駄があれば大丈夫。

着物は襦袢という下着を着なければいけませんが、浴衣は素肌に着ることができます。
例えば旅館などに泊まったときにお風呂あがりに着て、そのまま眠ることができるのですから、それくらい、浴衣は着物に比べて気軽なものなんですね。

とは言え、素肌にの上にそのまま着るなんてことは、自宅でしかできませんよね。
浴衣の下には、いつもと同じように下着とキャミソールなどを着てください。気になる方は、お尻まで隠れるロング丈のキャミソールにしましょう。

浴衣でも、細めの方はタオルなどで補正をした方がきれいに見えますよ。

また、浴衣に締める帯は半幅帯、もしくは兵児帯です。半幅帯とは、着物の項でも説明しましたが、お太鼓結び用の帯の半分の幅しかない帯のことです。

兵児帯は、昔は男性と子供用の帯でしたが、現在は大人の女性の浴衣にも締めるようになりました。

幅はお太鼓結び用の帯と同じですが、薄くやわらかい布でできており、胴に巻きつけて蝶結びをするだけでOKと、とても簡単に結ぶことができます。

兵児帯はやわらかいため、結んだときに他の帯と比べて体が楽なのも特徴です。

また、綿紅梅(めんこうばい)や麻縮(あさちぢみ)といった生地を使った高級浴衣なら、外出着としても恥ずかしくなく、襦袢を着て、夏用のお太鼓結び用の帯を合わせるのもおすすめです。

さて、着物と浴衣の着付けの仕方の違い、いかがでしたか?

いきなりではわからないことも多いかと思いますが、着物・浴衣レンタルの際に気になったことがありましたら、スタッフにお気軽にお尋ねくださいね。

着物と浴衣をカップルデートで着るならどっち?

京都 着物レンタル カップル

これまで着物と浴衣の違いを書いてきましたが、カップルデートに向いているのはどちらなのでしょうか?

それはカップルデートの目的地によるかもしれません。

花火大会、夏祭りは浴衣のイメージが強いですよね。しかし、もし少しでも格式のある場所に行くなら、着物の方が良いでしょう。

では、街歩きは?悩ましいところです。

生地も薄く、体のラインが出やすいのは浴衣です。浴衣の方が色っぽさを出しやすいので、彼をドキッとさせたいなら浴衣がおすすめかもしれません。

でも、夏にしか着ることができない、「薄物(うすもの)」と呼ばれる夏用の着物もあります。

こなれた感じのデートを楽しみたいなら、着物もおすすめです。

どちらにしような悩みますし、彼の好みもあるかとは思いますが、自分の着たいものを着たいように着ているあなたが、きっといちばん輝いているはず。

そんなあなたに、彼もきっとドキドキしてくれますよ。

さて、着物と浴衣の違い、なんとなくわかっていただけたでしょうか?

着物や浴衣での素敵な夏の思い出づくり、ぜひ着物レンタル 梨花和服にお手伝いさせてくださいね。


京都 着物レンタル 嵐山店 梨花和服 
阪急嵐山駅から徒歩3分、渡月橋まで徒歩3分

京都 着物レンタル 祇園店 梨花和服
2019年3月15日OPEN予定
京阪祇園四条駅から徒歩4分、八坂神社まで徒歩3分

京都で着物レンタルなら 梨花和服
京都市内で嵐山、祇園に2店舗展開

着物レンタルプラン一覧
浴衣レンタルプラン一覧

梨花和服 店舗のご案内

プラン・料金

着物ヘアセット学割プラン

着物ヘアセット学割プラン

¥4,980(税別)¥3,980(税別)

学生証があれば国籍問わず利用可能!女性用のお得なヘアセット付き着物レンタルプランです。

学生の浅草旅行やインスタ映えで人気です!

※受付の際に学生証のご提示をお願いします。

着物ヘアセットプラン

着物ヘアセットプラン

¥4,980(税別)

誰でもお気軽に着物レンタルが楽しめる!女性用の本格ヘアセット付きのプランです。

プロスタイリストの本格ヘアセットが楽しめます!

※ヘアセットプランには本格ヘアセットが含まれています。

着物カップルプラン

着物カップルプラン

¥9,960(税別)¥8,500(税別)

女性はヘアセット付き!カップルで着物レンタルが楽しめるお得なプランです。

浅草デートにオススメ!着物を着て、非日常を味わおう!

※カップルプランには女性向け本格ヘアセットが含まれています。

着物ベーシックプラン

着物ベーシックプラン

¥2,980(税別)

浅草で気軽に安く着物レンタルが楽しめる、着付けのみのベーシックなプランです。

着物レンタルと着付けのみで、ヘアセットが不要な方に人気!

※ヘアセットは含まれておりません。

着物メンズプラン

着物メンズプラン

¥4,980(税別)

会社のイベントや浅草観光に最適!男性向けのプランです

外国人のお客様や撮影・イベントなどに人気です!

※ヘアセットは含まれておりません。

着物レンタルのオプション

着物レンタルのオプション

¥300(税別)¥6,000(税別)

着物レンタルのアクセサリーなどを見ることが出来ます。着物とぴったりな人力車やカメラマン撮影もご用意!

※オプションは各レンタルプランの予約画面にて承ります。

振袖・訪問着ヘアセットプラン

振袖・訪問着ヘアセットプラン

¥20,000(税別)

訪問着は結婚披露宴や相撲鑑賞など大切な行事で利用されます。

振袖は外国人のお客様や撮影・結婚写真などにも人気です!

※本格ヘアセットは含まれております。

着物レンタル団体プラン

着物レンタル団体プラン

¥3,000(税別)

10名以上のグループや団体で着物レンタルをお得に利用できます!

外国人のお客様や会社イベントなどの利用で人気です!

※女性は髪飾りが含まれております。+1000円にてヘアセットも追加可能!

着物レンタル子どもプラン

着物レンタル子どもプラン

¥4,000(税別)

10歳以下のお子さまが対象の着物レンタルプランです。

カメラマンオプションも付けることが可能です。!

※+1,000円(税別)にてヘアセットを追加できます。

浴衣ヘアセットプラン

浴衣ヘアセットプラン

¥4,980(税別)

浴衣で変身!可愛くなれる本格ヘアセット付き浴衣レンタルプランです。

花火大会や夏祭り、ディズニーなど色々なシーンで利用されます。

※本格ヘアセットと髪飾りが含まれています。

浴衣ヘアセットプラン学割

浴衣ヘアセット学割プラン

¥4,980(税別)¥3,980(税別)

学生様限定の、ヘアセットが付いた学割プランです!

浅草観光はもちろんコンサートや花火大会などの利用で人気です。

※受付の際に学生証のご提示をお願いします。

浴衣カップルプラン

浴衣カップルプラン

¥9,960(税別)¥8,500(税別)

女性のヘアセットが付いている、カップル限定のお得なプランです!

花火大会や浅草観光などで人気のプランです!

※女性用の本格ヘアセットが含まれております。

浴衣ベーシックプラン

浴衣ベーシックプラン

¥2,980(税別)

誰でもお気軽に浴衣レンタルが楽しめる、ベーシックなプランです。

浴衣の着付けに必要なものは一式全てこちらでご用意致します。

※ヘアセットは含まれておりません。

浴衣メンズプラン

浴衣メンズプラン

¥4,980(税別)

お気軽に利用できる男性用のプランです!受付から30分前後で出発することが可能です。

花火大会や納涼船などで浴衣を利用される方に人気のプランです!

※ヘアセットは含まれておりません。

着物レンタル団体プラン

浴衣レンタル団体プラン

¥3,000(税別)

10名以上のグループや団体で着物レンタルをお得に利用できます!

外国人のお客様や会社イベントなどの利用で人気です!

※女性は髪飾りが含まれております。+1000円にてヘアセットも追加可能!

着物レンタルのオプション

浴衣レンタルのオプション

¥300(税別)¥6,000(税別)

浴衣レンタルのアクセサリーなどを見ることが出来ます。浴衣のアクセントになる小物をご用意!

※オプションは各レンタルプランの予約画面にて承ります。