ブログ

2019 . 02 . 14

着物の着付け

着物の半幅帯とお太鼓結びの帯の違いを知って、着物レンタルで可愛くなろう!

京都の街並みを着物姿で歩いてみたい!と思ったとき、あなたはどんな着物をレンタルしたいと思いますか?

しっとり上品なもの? かわいく元気に? それとも粋な姐さん風?

そう、まずはイメージすることが大事!こんな着物をレンタルして着てみたい、とたくさん妄想しましょう。着物レンタル「梨花和服」には、きっとあなたのイメージにぴったりの着物がありますよ。

さて、そこで質問です。あなたのイメージの中に、「帯」ははっきりと浮かんでいましたか?

着物全体のイメージはあっても、帯はほとんど思い浮かばない……。そんな方も多いのではないでしょうか?

帯は着物を着る上で、とても大切なアイテムです。同じ着物でも、帯によって印象ががらっと変わったり、それぞれにふさわしいTPOもあります。

ここでは、帯の種類のひとつである「半幅帯」と「お太鼓結び用の帯」の違いについてご説明しますね。

帯を知れば、着物レンタルがもっと楽しくなりますよ!

  1. 半幅帯は着物レンタルで人気
  2. 着物のお太鼓結び用の帯の種類
  3. 着物レンタルで人気の帯

半幅帯はデザインが豊富で着物レンタルで人気

半幅帯と聞いて、何の半分なのかと思いますよね。

後から説明する「お太鼓結び」に使われる帯の幅は並幅といって、8寸(約30センチ)あります。半幅帯の幅はその半分の4寸(約15センチ)であり、お太鼓結び用の帯の半分の幅しかない、つまり半幅帯というわけです。

半幅帯はカジュアルな装いのときに使われます。街着として着用する小紋や紬、それから、夏の浴衣などですね。

カジュアル専門のため、結婚式や身内以外のパーティーなど、ちょっとでも改まった席には向いていません。

ですから、着物レンタルをして京都の格式のある場所を訪れる場合には、半幅帯は控えておいた方がいいでしょう。

でも、半幅帯の良さは、なんと言ってもその身軽さです。お太鼓結び用の帯のように、帯揚げ、帯枕などの小道具も必要ありません。さっと巻いて軽やかに歩き出せる、そんな帯なのです。

半幅帯は、お太鼓結び用の帯と比べてリーズナブルな価格で扱いやすく、デザインも豊富にあります。伝統的な柄はもちろん、北欧を思わせるもの、ポップで現代的なもの……。

半幅帯の中には、無地であっても、小袋帯と言って、表と裏の生地が違うものもあります。どちらを表にしてもOKなので、その日の気分によって使い分けることが可能です。もちろん、柄物もたくさんあるんですよ。

小袋帯は結び方によって、生地の色や柄の出方で帯の表情が変わりますので、2倍楽しむことができますね。

また、半幅帯には、アレンジがしやすいという特徴もあります。中には、オリジナルの結び方を考案している人も!

最近では、アレンジがよりしやすいように、長めに作られているものも多くあります。

ちなみに、「帯揚げなどの小道具は不要」と書きましたが、必要がないだけで、実は使ってもOKです。

帯揚げや帯締めなどの小道具や着物と合わせれば、そのコーディネートは無限と言ってもいいでしょう。

ただ、お太鼓結び用の帯と比べて、体のラインが比較的わかりやすくなり、着物を着ていても、どうしても浴衣感、カジュアルすぎる雰囲気が出る場合があります。

せっかく着物をレンタルしているのに、それはもったいないですよね。

なんだか浴衣みたいだな、と思ったときには、コーディネートを見直してみましょう。

さて、ここで半幅帯のメリットとデメリットをまとめてみます。

メリット

・リーズナブルで扱いやすく、小道具も不要
・柄の種類が豊富
・結び方のさまざまなアレンジが可能

デメリット

・格式のある場所や、改まった席には適さない
・体格がわかりやすくなり、浴衣感が出てしまうこともある

デメリットも挙げましたが、身軽でアレンジしやすく、コーディネートで遊びやすいのが半幅帯です。着物やバッグとの合わせ方で、思いっきり着物レンタルを楽しんでみましょう!

着物のお太鼓結び用の帯

着物の帯の結び方と言えば、お太鼓結びを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか?

お太鼓結びは、それほど浸透している、伝統ある結び方なんですね。さて、お太鼓結び用の帯と言っても、さまざまな種類がありますが、ここでは簡単に2つに絞って説明します。

袋帯は振袖レンタルなどに合わせる格式の高い帯

袋帯とは、結婚式や成人式などのフォーマルなシーンで締める、格調高い帯のことです。幅は並幅、つまり8寸あり、金糸や銀糸などで豪華な刺繍が施されているのが一般的です。

長さや幅があるので、二重お太鼓や、振袖などに合わせる変わり結びをするのに適しています。

名古屋帯は着物レンタルでお太鼓結びの定番

街歩き用の着物レンタルで使う主なお太鼓結び用の帯は、名古屋帯といいます。

お太鼓を結ぶ部分が並幅で、胴回りを締める部分は半幅です。つまり、一重のお太鼓を作ることができる上に、胴回りは締めやすくなっている、袋帯と半幅帯の良いところを併せ持った帯なのです。

染めの帯が多いため、街着である小紋や紬に合わせます。一方、織りの帯で色無地などに合わせると格が上がり、格調高く装うことも可能です。

カジュアルからセミフォーマルまで幅広く対応できる便利さもあるのです。

さて、さっきも書きましたが、着物の帯と言えば、お太鼓結びを思い浮かべる方が多いでしょう。

お太鼓結びは、半幅帯に比べてしっかりとした着物感が出ます。そのせいか堅苦しく思えて、敬遠してしまう方もいるかもしれません。でも、お太鼓結びも半幅帯と同じで、無限にコーディネートすることが可能です。

お太鼓は帯というより、ひとつの絵だと考えると楽しいですよ!

お太鼓結び用の帯をレンタルするときは、その絵を引き立たせるコーディネートを考えてみましょう。

例えば、咲き誇る桜の帯は、特にお花見の季節におすすめです。

グリーン系の着物であれば、山や野に咲く凛々しい桜に、水色系であれば、水辺に咲くさわやかな桜になり得ます。

その他、帯揚げや帯締めによって、ポップに仕上げたりクラシックな雰囲気にしたりと、たくさん楽しめます。

また、若い方向けの、カジュアルな遊び心満載のコーディネートもお手のものです。

例えば、水色ベースの着物に、ウサギの刺繍などの柄の名古屋帯を合わせます。髪には着物と同じ色のリボンを、半襟には白いレースを。

そして、ハートやダイヤなどのトランプのスート模様の手提げを合わせれば、不思議の国のアリスコーディネートの完成です。

帯締めにはバラの飾りがついたものも良いかもしれませんね。このようなカジュアルなコーディネートでも、お太鼓結びであれば、京都の街並みにも不思議と馴染みますよ。

また、花や動物だけではなく、蜘蛛などの個性的な柄もたくさんあります。インパクトのある後姿で、街ゆく人をはっとさせてしまいましょう。

<メリット>
・カジュアルにもセミフォーマルにも対応できる
・伝統的な着物感が出る
・帯を主役にコーディネートができる

<デメリット>
・半幅帯に比べて扱いづらい

いかがでしたか?デメリットも挙げましたが、お太鼓結びの魅力が伝わったでしょうか?

伝統的でクラシック、でも遊び心も満載のお太鼓結びにぜひ挑戦してみてくださいね。

着物レンタルではどちらの帯が人気なの?

さて、半幅帯とお太鼓結び用の帯について書いてきましたが、着物レンタルではどちらが人気なのでしょうか?

扱いやすいこともあり、現在は、実は半幅帯の方が人気です。さまざまなアレンジができますし、ぺったりとした、椅子にもたれても邪魔にならない結び方もあります。

でも、どちらを結ぶかは、もちろんあなたの希望しだいです。

あなたのレンタルしたい着物や帯、どんな雰囲気でどんな風に京都を歩きたいかを、たくさん着物レンタル「梨花和服」スタッフに伝えてください。

心躍る素敵なコーディネートで京都を楽しむお手伝い、張り切ってさせていただきます!


浅草 着物レンタル 梨花和服
東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩7分
都営浅草線「浅草駅」から徒歩9分
浅草寺まで徒歩3分
着物レンタルプラン一覧
浴衣レンタルプラン一覧
着物レンタルの体験談一覧
浅草で着物レンタルカップルデート案内
浅草で着物レンタルをしてインスタ映え

今の時期オススメのプラン・料金

これからの季節に人気の着物レンタルプランをご紹介!下記着物レンタルプラン以外にも2500円でお安く気軽に利用できる着物ベーシックプランもご用意しています!

着物ヘアセット学割プラン

¥4,500(税別)¥3,500(税別)

学生証があれば国籍問わず利用可能!女性用のお得なヘアセット付きの着物レンタルプランです。

着物ヘアセット学割プランには髪飾り、本格ヘアセット、着物の着付けが含まれています。

※来店時に学生証のご提示をお願いしています。

着物ヘアセットプラン

¥4,500(税別)

誰でも気軽に浅草の着物レンタルが楽しめる!女性用の本格ヘアセット付きのおすすめプランです。

髪飾り・ヘアセット含め着物の着付けに必要なものは全てこちらでご用意します。

※ヘアセットプランには本格ヘアセットが含まれています。

着物カップルプラン

¥8,500(税別)¥7,000(税別)

浅草デートにオススメ!カップルで着物レンタルが楽しめる通常よりもお得なプランです。

カップルで着物を一緒に選ぶことが可能です。着付け室は男女別となります。

※カップルプランには本格ヘアセットが含まれています。