着物レンタルのブログ

2019.07.2

花火大会

江戸川花火大会の屋台情報と浴衣レンタル特別プランのお知らせ

浅草で浴衣レンタル

花火大会で浴衣レンタルする時にピンチに備えて準備したい3つの小道具

隅田川花火大会と並ぶ、東京夏の風物詩「江戸川花火大会」。

2019年の江戸川花火大会は8月3日(土)に開催されます。

東京・浅草の着物浴衣レンタル梨花和服でも、『返却時間が22:30の江戸川花火大会の浴衣レンタル特別プラン』がご予約開始になっています!

すでに多数のお客様に浴衣レンタルプランをご予約頂き始めていますので、ご検討中の方はお早めにご予約ください。

大混雑の江戸川花火大会で、昨年も多数のお客様にご利用頂きましたので、今年は少しはゆとりを持って浴衣レンタル受付時間を22:30までとしました!

江戸川花火大会での楽しみと言えば花火を観賞する事ですが、同様に屋台のグルメを満喫する事も楽しみの一つですね。

浴衣を着て夜の空をキレイに彩る花火を見ながら頂く屋台のごちそう。

しかもインスタ映えするシチュエーションに盛り上がりそうです。

今回は江戸川花火大会の屋台情報をお伝えします!

江戸川花火大会の屋台の位置を事前チェック

江戸川花火大会は東京都江戸川区と千葉県市川市の共同開催です。

花火は江戸川区側の河川敷で打ち上げられますが、川を挟んだ市川市の河川敷でも花火の観覧ができます。

お楽しみの屋台ですが、それぞれの自治体によって屋台の出店状況が変わって来るんですね。

まずはそこをチェックする事が大切です。

江戸川区側の屋台では即買いが鉄則

まずは江戸川区側の屋台ですが河川敷回りでの屋台を禁止しているのでありません。

江戸川区側で花火の打ち上げが行われるので花火が間近で見られる特典がありますが、その分屋台は駅の近くにしか出店していない状況です。

江戸川花火大会の会場は京成『江戸川』駅 南口からの河川敷周辺になります。

そして屋台はと言うと?

例年屋台が出ている場所はJR『篠崎駅』と京成『小岩』駅です。

両方とも駅から会場までの道路に沿って、いろいろな屋台が出ているので、篠崎か小岩駅で買って持ちこみましょう。

場所取りが済んだ後ゆっくりと屋台で買い物をしようと考えているとあっという間に屋台が長蛇の列になってしまいます。

これいい!と思ったら迷わず、即買い!の気持ちで臨みましょう。

コンビニもありますのでチョイ足ししたい場合にも利用できます。

屋台を楽しみたいなら市川側がおすすめ

川を挟んだ市川市の会場の場合最寄り駅はJR『市川』駅です。

駅の南側が花火大会の観覧会場になっていて、こちらは江戸川区側と大きく違い屋台が多い事が特徴♪。

屋台の場所は駅から土手までの道路添いと河川敷に100近い屋台が並んでいます。

また地元の飲食店なども出店していてその料理目当てで来ている方も多いとか。

花火もいいけど屋台がメインという方は市川市側へ集結している模様です。

花火見物の人数もかなり多いですが江戸川区側と比べると幾分少なめなので、ゆっくりと場所取りをした後で河川敷の屋台で買い物が出来る事がうれしいポイントです。

江戸川に比べると幾分人も少なめなのでこちらは場所取りを終えた後でも花火を見ながら屋台で買ってくる事も出来ます。

どちらの屋台も16時くらいにはもうかなりの混雑になります。

15時くらいから買い出しはどうでしょう?早めがベストです。

そしてうっかり食べこぼし対策を一つ。

せっかくの浴衣にソースがついた!と焦ってしまわない様に手ぬぐいやハンカチを帯びに挟んでおきましょう。

食べこぼしを気にせずにグルメタイムを満喫できます。

そして屋台と言えば手の汚れ!ウェットティッシュを忘れずにもっていきましょう。

屋台の位置や特徴をしっかり把握して、最高の江戸川花火大会にしましょう!

ご紹介した梨花和服の江戸川花火大会浴衣レンタル特別プランはこちらから予約可能です!