着物レンタルのブログ

2019.04.12

祇園の情報

祇園で着物レンタルをして着付け体験を楽しみましょう!祇園は観光地のすぐ近く!

京都の桜

京都の古い町並みを今に残す、和の情緒ある町・祇園。せっかくなら着物を着て、祗園の京情緒をめいっぱいに感じたいですよね。

祗園で着物レンタルすれば、着付け体験という非日常な体験ができるほか、祗園での観光を思いっきり楽しむことができます。

今回は、祗園で着物レンタルするメリットや、祗園・清水エリアにある着物が似合う観光地をご紹介します。

見出し祇園で着物をレンタルすれば、可愛い写真が撮り放題!

京都で着物レンタル

祇園で着物レンタルする第一のメリットは、SNS映えする可愛い写真をたくさん撮れることです。祗園の観光地には、八坂神社や八坂庚申堂、二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)や祇園白川など、着物が似合う撮影スポットが数多くあります。

祗園の観光に可愛い着物を着ていけば、簡単に和の雰囲気ある、可愛い写真を撮ることができます。

祗園で着物を着ると、主要な観光地だけでなく、なにげない街角も撮影スポットになるのもポイント。祇園は昔ながらの町屋が多く残るエリアで、祗園の風情ある町並みには着物姿がとても絵になります。

普通の道端や街角でさえ、着物姿で撮影するだけで、たちまちフォトジェニックな写真になりますよ。祗園で可愛い写真をたくさん撮りたいなら、まずは可愛い着物をレンタルしましょう。

祇園で着物レンタルすれば、着付け体験ならではの非日常が楽しめる!

京都で着物レンタルをして鴨川観光

祇園で着物レンタルする第二のメリットは、着物姿ならではの非日常な体験ができることです。着物には、洋服にはない着付け感や美しさがあり、普段着物を着ることがない人は、和装することで簡単に非日常を楽しむことができます。

祗園の町を着物姿で歩けば、まるで昔の京都にタイムスリップしたかのような気分に浸れるでしょう。

また、着物の良さとして、着ている人の魅力を引き出す効果があります。着物を着ることで、男性ならより凛々しくかっこいい印象に、女性ならはんなりとした美しさが引き立ちます。

着付け体験をして、いつもとは違う自分になって祗園を散策するのも、祗園で着物レンタルする楽しさのひとつです。

祇園で着物レンタルして行きたい、祇園・清水エリアの着物が似合う観光地

京都で着物レンタル

京都のなかでも特に人気の高い祇園・清水エリアには、京都の定番スポット・八坂神社をはじめ、着物姿が映える観光地がたくさんあります。

せっかくなら可愛い着物を着て、祗園・清水エリアの観光を、思い出に残る楽しいものにしたいですよね。

今回は、祗園で着物レンタルしたらぜひ訪れたい、祗園・清水エリアの着物が似合う観光地をご紹介します。

八坂神社

八坂神社は、祗園を代表する観光地で、四条通の東端に位置します。境内には、重要文化財に指定された本殿や西楼門をはじめ、大小さまざまな社があり、着物姿で撮影するのに適したスポットがたくさんあります。

特におすすめなのが、八坂神社の顔ともいえる西楼門。朱色が美しく映える西楼門は、着物姿との相性が抜群で、フォトジェニックな写真を撮るのにぴったりです。

西楼門は夜になるとライトアップされ、昼間とは違ったムードな印象になります。西楼門でロマンチックな写真を撮りたい人は、夜のライトアップを狙うのがおすすめです。

八坂神社はパワースポットとしても有名で、美の神様や縁結びの神様など、いろいろな神様が祀られています。密かに叶えたい願いがある人はぜひ、八坂神社でお願いしてみましょう。

八坂庚申堂

京都で着物レンタル

八坂庚申堂は、八坂の塔の近くにある、祗園でいま話題のSNS映えするスポットです。お堂の周りには、カラフルなお手玉のようなお守りが、鈴なりにたくさん下げられています。

このお守りは、「くくり猿」という手足が縛られた猿がモチーフで、人間が欲に走らぬよう戒めるというもの。訪れた人は「くくり猿」に願いを込めた後、欲をひとつ我慢して奉納します。

カラフルなお手玉を背景に可愛い写真を撮るもよし、「くくり猿」に願掛けをしてみるもよし。

ちなみに、八坂庚申堂のお守りは、奉納せずに持ち帰ることもできるので、旅のお土産に持ち帰ってお守りにすることもできます。

八坂通り

八坂通りは、八坂庚申堂の前にある通りで、京都の風情ある町並みを堪能できる人気の散策スポットです。昔ながらの町屋が立ち並び、趣のある石畳に階段小路など、いかにも京都らしい情緒に溢れた風景が魅力のスポット。

小路の先には、東山のシンボルである五重塔、通称「八坂の塔」があり、通りの下から見上げることもできます。

着物姿で八坂通りを散策すれば、京都の空気をめいっぱい感じられることでしょう。

祗園で「これぞ京都」という写真を撮りたいなら、八坂通りと五重塔を背景に、着物姿で撮影するのがおすすめです。

祇園白川

祗園白川は、昔ながらの町屋の店が立ち並ぶ、祗園のなかでも情緒あふれる観光地です。

祇園白川含む巽橋一帯は、京都市の伝統的建造物群保存地区に指定されている、戦前の京都の町並みが残る数少ないエリア。

町のどこを切り取っても絵になる情緒的な美しさがあり、これまでに数々のドラマや映画のロケ地として使われてきました。

町屋の連なる町並みや、白く伸びる石畳の道は、まるで古い時代の京都に迷い込んだかのような気分になります。祇園白川の風情ある町並みには、着物姿がとてもよく似合います。

祇園白川を散策する際はぜひ、着物を着て、フォトジェニックな写真をたくさん撮りましょう。

巽橋

巽橋は、祗園白川のすぐ近くにある橋で、祗園の中でも特に風情ある場所として人気を集めています。CMやポスターの撮影にもよく使用される場所で、ドラマや映画などで何度か見たことがある人も多いのではないでしょうか。

和の情緒を感じる巽橋は、ぜひ着物姿で歩きたいところ。巽橋の上で記念撮影をすれば、思い出に残る一枚になりますよ。

石塀小路

石塀小路は、京都市東山区の八坂地区に位置する、京都の中でもひときわ和の情緒を感じる小路です。明治末期から大正時代にかけて造られ、町屋の石垣が石壁のように見えることから「石塀小路」と呼ばれるようになりました。

通行人のほとんどが地元の人で、京都の中でも静寂な観光地として知られています。

路面に敷き詰められた石畳や、木塀に覆われた建物は、まさに京情緒あふれる光景。小路には赤レンガ作りの塀に面した場所もあり、大正ロマンな気分も味わえます。

おすすめの時間帯は夕方以降で、小路一帯が幻想的な雰囲気に包まれます。和の情緒をより感じたいなら、夕方以降に散策すると良いでしょう。

ここで注意したいのが、石塀小路の入り口が分かりにくいという点です。

路地の入口には目印として、「石塀小路」が書かれた街灯があります。石塀小路に行く際は、目印の街頭をうっかり見落とさないように気をつけましょう。

二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)

京都で着物レンタルをして二年坂

二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)は、古くからのお土産屋さんが立ち並ぶ、京都の定番スポットです。重要伝統的建造物群保存地区にも選定された町並みは風情があり、着物姿の人や人力車がとても絵になります。

お土産屋さんには可愛い和雑貨を扱うお店が多く、食べ歩きにぴったりなスイーツを売るお店もあります。二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)を観光するなら、風情ある町並みを堪能するだけでなく、ショッピングや食べ歩きも楽しみたいですよね。

ただし、二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)は、石畳の階段が少し急になっていて、雨で道が濡れた時や、着物を着ている時は特に転びやすくなります。着物姿で訪れる際は、坂で転んでしまわないよう、足元に十分注意して歩きましょう。

清水坂

清水坂は、清水寺の御門前から、別名「松原通」とも呼ばれています。道沿いにはお土産店が立ち並び、常に多くの観光客や修学旅行生で賑わっています。

清水坂を観光するなら、必ず観光したいのが清水寺。「清の舞台」で知られる清水寺は、世界観光遺産にも登録された、京都でも屈指の人気を誇る観光地です。音羽山の断崖に建つ本堂の舞台からは、京都市街を一望することができますよ。

清水坂はゆるやかな坂なので、着物姿でも比較的歩きやすいのもポイントです。清水寺で京都の景色を堪能したら、清水坂で京都の可愛いお土産を探すのもおすすめです。

祇園で着物レンタルすれば、思い出に残る体験ができる

京都で着物レンタルをして八坂神社観光

祗園で着物レンタルする第3のメリットは、祗園で思い出に残る体験ができることです。着物には四季を楽しむ文化があり、季節によって柄や色が変わります。

春には桜柄の羽織(はおり)を、秋には萩の着物に羽織など、祗園の季節に合った着物を着ることで、祗園での旅がさらに特別なものになります。祗園の夏祭りに着物姿で参加すれば、まるで地元の人と一体になったような気持ちになることができますよ。

旅の記念写真にも、着物姿はおすすめです。普通に写真を撮るよりも、着物姿の方が「あの時こんな色の着物で撮影したんだ」となり、より思い出に残る写真になります。

ほかにも、着物姿でいると、特に外国の方から話しかけられやすくなるという点があります。着付け体験をきっかけに、新たな友人ができるかもしれません。


梨花和服 京都 祇園店
京阪祇園四条駅から徒歩5分、八坂神社まで徒歩3分
京都で着物レンタルなら 梨花和服
京都市内で嵐山、祇園に2店舗展開
京都の着物レンタルプラン一覧