ブログ

2020.03.23

浅草周辺の着物散策!電車移動する際の注意点とは?

浅草周辺の着物散策!電車移動する際の注意点とは?

着物での移動手段は、いろいろ悩むことが多いのではないでしょうか。

特に、電車での移動には、注意しなければならないことがたくさんあります。

ここでは、電車移動の注意点のほか、ほかの移動手段についても説明します。

着物で電車移動するにはどうすればよい?

狐のお面と着物レンタル

浅草で着物レンタルをして電車移動を考えるなら、ある程度エリアや時間帯にこだわることが大切です。

また、場合によっては電車移動を終えてから着物に着替える方保も検討しましょう。

できるだけ混雑時間とエリアを避ける

着物であっても、席に座れるのであればそれほど大きな問題はありません。空いている社内であれば、座れないとしてもポールなどには積まれます。

早朝や夜など、通勤ラッシュの時間帯を避ければ、電車移動もそれほど難しくはないでしょう。

駅のエレベーターの位置を把握しておく

階段が多い駅の場合、エレベーターの位置を把握しておけば階段を避けられます。目的の駅の地図を見ておき、シミュレーションしておけば、トラブルにはなりにくいはずです。

座席やドアにもたれないよう気をつける

着物を着ているときは、背中に帯のふくらみがあります。洋服のようにぴったりもたれてしまうと、帯がつぶれてしまうでしょう。

立ち上がるときや動いたときに、引っかかる可能性もあります。

また、人に押されないよう、立っている場合は背中を人がいるほうではなく、ドアなど誰もいないほうに向けることもおすすめです。

帯を引っ掛けないように羽織や小物を活用する

電車から降りるとき、人のバッグや持ち物に帯が引っかかってしまうこともありえます徒歩や車であればそれほど人と近づくことはありませんが、混み合っている電車内ではよくあることです。

帯が引っかかると、本格的な着崩れを起こしてしまうこともあるでしょう。

羽織やショールなどをうまく利用し、帯を隠すことで不意の引っかけを防ぐことができます。

荷物を少なくする

着物での電車移動は、荷物が少なくても大変なものです。持ち物が多いと、それだけ大変さは増します。

街歩きに必要ない荷物はどこかに預けるなど、なるべく荷物を減らして移動することも重要です。

特に、同じ駅に戻ってくる場合は駅のロッカーなどを活用して必要最低限の荷物で移動したいですね。

目的地についてから着物を着る

状況にもよりますが、目的によっては目的地の近くの施設に行ってから着付けをすることもできるでしょう。

着物だけは着るとしてもヘアセットや草履を履くのは目的地についてからにするなど、いろいろと工夫はできます。

気崩れるのが心配な場合は、着替えができる施設や手直ししてくれる人がいるお店を探しておきましょう。

電車移動以外におすすめの移動方法はある?

浅草で浴衣レンタル

着物で移動する場合、電車や自転車での移動は難しいでしょう。ほかにはどんな移動方法があるのでしょうか。

スムーズに観光などができる移動豊富を考えて置きまそう。

タクシー

着物で観光するとき、一般的な移動方法はタクシーです。1箇所の目的地までだけの送迎ではなく、貸し切りで多くの観光名所を回れることもあります。

料金は高くなりますが、車であれば移動も少なく着物でも大きな問題はありません。

自家用車

家族や友だちが車を持っているなら、送迎をお願いする方法もあります。タクシーと同じく車のため、ほかの人を気にする必要がありません。

徒歩

移動距離が短い場合は、無理に電車を使わず徒歩で移動する方法もあります。靴ずれなどの心配がある場合は、履きなれた靴を持っていくのもよいでしょう。

着物で電車移動がおすすめできない理由

着物で電車移動は、あまりおすすめできません。もちろん時間帯や状況など、場合によっては電車移動ができないことはないでしょう。

いったいなぜ着物には、電車移動が向いていないのでしょうか?

階段が多い

駅には、階段がたくさん設置されています。エレベーターやエスカレーターが必ずあればよいのですが探すのが大変なこともあるでしょう。

着物では足元を気にして動かなければならないこともあり、階段移動が多くなると大変です。

慣れない着物で裾を踏んでしまう事態にならないよう、階段が多い駅は避けたいところです。

満員電車では着物が乱れる可能性がある

都市部の満員電車では、通常の洋服でもぐちゃぐちゃになってしまいます。

着物を着て乗り込んでしまうと、せっかくきれいに着付けをしても手直しが必要になってくるでしょう。

洋服ほど手直しが簡単な服装ではないため、なるべく避けておくほうが無難です。

特にレンタルで着物を着る場合、自分で手直しできないことも多いでしょう。

不安な場合は混雑するる電車に乗るのは避けることをおすすめします。

草履で足を踏まれてしまうと痛い

満員電車の場合、うっかり近くにいる相手の足を踏んでしまうことがあります。着物の場合、草履を履いていることが多く、靴のように足の甲が守られていません。

ヒールなどで踏まれてしまうと怪我につながることもあります。満員電車を避けたほうがよい1つの理由です。

着物はつり革と相性が悪い

着物は、腕を上に上げると着付けが崩れやすくなります。つり革に掴まる行為は、着付けを乱してしまうことにつながるでしょう。

また、腕を上に上げたとき、素肌が見えるのもよくありません。着物で腕を出していると、はしたないと思われてしまうこともあります。

基本的には、ポールに掴まるなど工夫が必要です。しかしポールの数は少なく、必ず空いているとはいえないでしょう。

関連記事

浅草、京都の着物・浴衣レンタルで大きいサイズをお探しなら梨花和服!


この記事の著者

着物レンタルなら梨花和服 浅草店
運営会社:TripFarm株式会社
2019年、年間の着付け実績2万人以上、浅草寺まで徒歩3分

  1. 浅草の着物レンタルプラン一覧
  2. 浅草の浴衣レンタルプラン一覧