着物とハンカチでオシャレに着こなし!

着物とハンカチでオシャレに着こなし!

着物とハンカチでオシャレに着こなし!

最近、バックの中にハンカチを入れる女性が少なくなってきたという話を聞きます。

 

温暖化の影響で汗をかく機会が増え、吸水力が求められるためなのでしょうか。

 

売れ筋の主流はタオルハンカチで、薄手のハンカチは随分売り上げが落ちているとか。

 

着物をレンタルする際にはハンカチも!

 

 

着物や浴衣のレンタルのように和服を着るとき、なかなか慣れない着物に体の動きも制限されることがあります。

 

特に注意したいのは着物を着て食事をするときです。

 

おなかを帯で締めていますから、着物で座る姿勢は洋服の時とは違い、腕の動きも、たもとを揺らしながらと慣れるまでは気を遣うものです。

 

着物での食事で注意すること

 

 

着物を着て食事をするときには洗濯が大変になるという気持ちから、なかなか思うように食事がとれないということもあるかもしれません。

 

そんなときには、少し大判のハンカチを膝に広げてみましょう。

 

食べこぼしが着物にシミを作ることをふせいでくれます。

 

和服に慣れている方は胸元にハンカチを差し込み、上半身の着物も汚れないようにされます。

 

また、ハンカチクリップといって、メガネチェーンほどの長さの紐に両端にクリップを付けて、食事のときにハンカチを留めて胸元をカバーする方もいらっしゃいます。

 

着物とハンカチのお洒落

 

膝に広げるにしても、ハンカチクリップを付けるにしても、着物を着るときはいつものハンドタオルではなく、女性らしいハンカチを使いたいもの。

 

着物を着ているのだから和柄のハンカチでなければならない、ということは全くありません。

 

周りにレースであしらった、洋風のハンカチもとてもよく似合います。

 

普段の洋装では少女趣味過ぎてちょっと恥ずかしいというようなフリルやお花模様のハンカチも、着物には本当によく似あってしまいます。

 

着物をレンタルしてお出かけするときには大きなバックは似合いませんね。

 

最低限の持ち物が入る小さな巾着でもよいのです。

 

その中に、素敵なハンカチが入っていると、気分も上がるというものです。

 

もし、汗をかくから吸水力が心配で、やっぱりタオルを持ちたいという方には可愛らしいガーゼのハンカチもおすすめです。

 

ガーゼのハンカチと聞くと赤ちゃん用なのかと思われてしまいがちですが、最近では大人用のガーゼ素材のハンカチも販売されています。

 

着物を着るときくらいは、アウトドア志向の方でも、心をくすぐるハンカチを持ってお出かけしてみてください。

 

着物とお洒落なハンカチで、いつもとは違った景色が見えることでしょう。

 

着物には半襟、帯、帯揚げなど、一定のルールが決まっていますが、普段のお出かけにはルールはありません。

 

明治時代をモチーフにした少女漫画では、輸入物のレースを着物の半襟にあしらうオシャレなどが載っていたりしました。

 

着物姿にはルールがあるからこそ、いろいろな遊び心がうまれるのです。

 

ハンカチ一枚選ぶところからでも、素敵な女性へ近づく一歩になりますよ。