着物レンタルのブログ

2020.01.25

祇園の情報

祇園の着物レンタルなら京都の主要観光地までアクセス抜群!

祇園で着物レンタルして着物散策

京都に行ったら着物姿での観光が断然おすすめ!

着物を着るのはハードルが高いと思っている方もいるかもしれませんが、着物レンタルなら手ぶらでOKなので気軽に楽しめます。

しかし京都では多くの観光客が着物レンタルを利用していることもあり、主要観光地をメインに様々な場所に着物レンタル店があるのでどこを選んだら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

着物をレンタル場所を決めかねている方には祇園をおすすめします!

祇園で着物レンタルして観光地へ行こう

京都の祇園で着物レンタル

祇園での着物レンタルがおすすめな理由は、まず祇園自体が京都でおすすめの観光地であり、魅力的な観光スポットや休憩にピッタリのカフェ等がたくさんあるということです。

さらに祇園は、京都の他のエリアにある主要観光地までのアクセスも抜群!そこで今回は、祇園からアクセス抜群の京都の主要観光地についてまとめてみました。

祇園で着物レンタルして行きたい京都の観光地

祇園で着物レンタルをした場合に、電車やバスでアクセスしやすい京都の観光地を紹介します。

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社の鳥居

伏見稲荷大社は、全国に約3万もあるといわれているお稲荷さん(稲荷神社)の総本山です。

京都の主要観光地として国内外を問わず人気の伏見稲荷大社ですが、中でも朱塗りの鳥居が延々と立ち並んでいる千本鳥居はそのフォトジェニックな美しさも相まって人気の高い観光スポットです。

この千本鳥居は、江戸時代に願い事が通るようにという願かけ、もしくは通ったというお礼の意味を込めて鳥居を奉納する習慣から始まったものなのだとか。

伏見稲荷大社自体は1300年の歴史がある神社なのですが、千本鳥居自体は比較的新しいものなのですね。

ちなみに「千本鳥居」という名称ではありますが、実際の鳥居の数は千本ではないんです。

本殿の奥から始まり稲荷山の頂上まで連なっている真っ赤な鳥居自体の数は、小さいサイズから人が通れる大きいものまで全て含めると1万基を超えるのだそう。

しかし、「千本鳥居」と呼ばれているのは入り口に並んでいる2列の鳥居だけであり、その数は約800基。昭和30年ごろには千基に届くほどの鳥居があったそうなのですが、鳥居を太くしたことで総数が減ってしまったのだそうです。

現在も日々修繕や増設が行われているので、日によって総数が違うというのも興味深い話ですね。

伏見稲荷大社へは祇園四条駅から京阪本線に乗車し、約10分の伏見稲荷で下車。そこから徒歩約6分です。

伏見稲荷大社についてもっと知りたい方はこちらの記事をお読みください
伏見稲荷で着物レンタルなら梨花和服【1980円〜】|電車で10分

清水寺

京都の清水寺で着物レンタル

京都の観光地として一番有名だといっても過言ではない清水寺。修学旅行などで訪れたことがあるという方も多いかもしれませんが、何度訪れても新しい魅力に出会えるおすすめの観光スポットです。

一番の見どころは、何といっても「清水の舞台」の名で知られる本堂の舞台でしょう。

崖にせり出すように造られた舞台からの眺めは、「清水の舞台から飛び降りる」の言葉からも分かるように迫力満点!

地上からの高さは約12mもあるのですが。釘を一切使っていない懸け造りという手法で作られているというのが驚きですね。上から見下ろすだけではなく、下から見上げた時の貫禄ある姿もおすすめですよ。

強力なご利益を授かれるといわれている本堂、スピリチュアルな体験ができる随求堂胎内めぐり、日本最大級の三重塔など清水寺には他にもたくさんの見どころがあります。

じっくり見て回ると1日あっても足りないと言われるほど広い清水寺ですので、ぜひじっくり時間をかけて見て回ってくださいね。

清水寺は祇園四条駅から徒歩約25分とやや遠いのでバスの利用がおすすめです。祇園四条駅からバスにり、五条坂バス停で下車すれば徒歩約10分で行くことができますよ。ただし、帰りのバスは夕方近くなると非常に混雑してしまい乗れないことも。

早めの時間に訪れて、帰りは参道である二年坂・三年坂の散策を楽しみながら徒歩で祇園四条駅に向かうのもおすすめですよ。

清水寺周辺で行きたい定番の観光スポットをもっと知りたい方はこちら
>清水寺で着物レンタルをして行きたい定番観光スポット10選

渡月橋

嵐山で浴衣レンタルをして渡月橋観光

京都を代表する観光地・嵐山。見どころの多い嵐山の中でも特に、シンボル的存在として人気の高い観光スポットが桂川にかかる渡月橋です。

平安時代初期、亀山上皇が「月が橋を渡るように見えた」と表現したことからその名がつけられた渡月橋と、バックにそびえる嵐山とのコンビネーションはまさに絶景。

春の桜や秋の紅葉が特に人気ですが、初夏には新緑、冬にはうっすらとした雪化粧の景色が楽しめるなど四季折々の自然の美しさが感じられるスポットです。

渡月橋の近くにはたくさんの甘味処もあるので、おいしい和スイーツを楽しみながらのんびり景色を眺めるのも良いですね。

渡月橋へは河原町駅からまず京急京都線に乗り、桂駅で下車。京急嵐山線に乗り換えて嵐山駅で下車し、徒歩5分程度で渡月橋に到着します。

キモノフォレスト

嵐山で浴衣レンタル

先述の渡月橋を渡りきった場所から徒歩で2分の嵐電嵐山駅も、京都ではおすすめの観光地です。

駅なのに観光地?と思われるかもしれませんが嵐電嵐山駅は「はんなり・ほっこりスクエア」という愛称で知らており、なんと切符なしで駅構内に入ることができるんです。

駅構内で一番の見どころであるキモノ・フォレストは、インテリアデザイナーである森田恭通氏がプロデュースした京友禅の林です。

京友禅をアクリルで包んだ高さ約2mのポールを駅構内に設置し林に見立てたキモノ・フォレストは、もちろん昼でも楽しめますが、おすすめは夜、暗くなってから。

なぜかというとポールにはLEDが仕込まれており、夜には幻想的に光る京友禅の林が楽しめるからです。

ポールに使われている京友禅の柄は全部で32種類あるので、自分のお気に入りを見つけてみるのも楽しそうですね。

はんなり・ほっこりスクエア内には他にもパワースポットとして名高い龍の愛宕池やタオル付150円で楽しめる足湯、土産物屋やお食事処もあり、駅でありながら観光スポットとしても十分楽しめる場所になっているんですよ。

鴨川

京都で着物レンタルをして鴨川観光

市民からも観光客からも愛される京都の鴨川。鴨川沿いの河川敷には遊歩道が整備されているので、のんびり散策するのにもってこいの観光スポットなんです。

ただし、「鴨川」と一口に言っても実際は全長31kmもある川なので、どこがおすすめなの?と思う方もいるかもしれません。

散策におすすめなのは、京都駅を東に向かったあたりからスタートして北上し、鴨川デルタまでの約5kmのコース。

祇園を起点とする場合、祇園四条のあたりから北上もしくは南下するというのも良いですし、祇園四条駅から京阪本線に乗り七条で下車し、1時間ほどかけて鴨川デルタまでゆっくり散歩を楽しむのもおすすめです。

下流の方では人がほとんどいないので川の流れる音を聞きながら静かな雰囲気を楽しめます。上流に向かっていくにつれて観光客が増えていき、四条あたりでは川沿いに町屋が並んだ京都らしい風景を見ることができますよ。

ちなみに5~9月には三条あたりで、京都の夏の風物詩である納涼床が設けられます。納涼床とは水面や河原に張り出した席のこと。

高級そうなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、お手頃価格でランチを楽しめるお店や休憩にピッタリのカフェにも納涼床があるので気軽に利用できます。

なんと、スターバックスにも納涼床があるんですよ!散策の休憩がてら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

京都で着物レンタルなら祇園

京都の柳小路で着物レンタル

今回は祇園で着物レンタルをした場合にアクセスしやすい京都の主要観光地についてまとめてみました。

どの観光地も着物姿で訪れるのにぴったりの、いかにも京都といった風情が感じられる場所ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!


この記事の著者

梨花和服 祇園店
京阪祇園四条駅から徒歩5分、八坂神社まで徒歩3分
〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側347−39 Re:Cube GION B1F
京都の着物レンタルプラン一覧