ブログ

2019.06.18

京都祇園をカップルで着物デート!カフェや雑貨も楽しめるコース3選

京都祇園をカップルで着物デート!カフェや雑貨も楽しめるコース3選

春の京都ほど圧倒的な『和の美しさ』を体感できる場所はそうないでしょう。特に祇園周辺はまるで漫画やドラマの世界にでも入ったかのような非日常感さえあります。

そんな春の祇園にお花見で出かけたいと思う人はきっと多いことでしょう。今回は祇園でお花見を楽しみたい大人女子必見の『おすすめお花見スポット』と、おしゃれ女子ならば外せない『インスタ映え抜群のお洒カフェ』を紹介していきます。

この時期しかない特別情報も満載なので、ぜひお見逃しなく。

祇園だけでなく、京都の着物観光について知りたい方はこちら!「京都で着物レンタルをして定番観光コース10選」

着物×桜×祇園の最強トリプルコンボ!京都のお花見は着物レンタルで見よう

京都の河合神社で着物レンタル

圧倒的『和の美しさ』を誇る春の京都でのお花見、ここまで『和』が揃っているならお花見も『着物姿』で行った方が粋というものです。

京都には数多くの着物レンタル店が存在し、特に祇園周辺は人気観光スポットなのできれいな着物を取りそろえた着物レンタル店も見つかりやすいでしょう。

特に大人女子の京都でのお花見におすすめなのが、『祇園で着物レンタル』をすることです。『え?着物姿なのにわざわざ着物レンタルするの?』と思う人も多いと思いますが、そこは大人の嗜みです。

お花見までの道中は自前の着物で行き、お花見の時だけ上質な着物をレンタルして臨むのです。道中までを着物で過ごせば、普段から着物に慣れていない人でも立ち居振る舞い方が分かってきます。

そうすればいざ素敵な着物をレンタルしても『窮屈で桜を楽しむ余裕がない』『着慣れてないので動きにくい』『食べ物で着物を汚してしまった』なんてことを防ぐことができるという訳です。

また着物での立ち居振る舞い方が分かれば、お花見の席でも『あ、この人立ち居振る舞いがきれいだなぁ、普段から着物着てるのかもしれない』と、他の人と差別化が図れますよ。

現地までは洋服でいきなり着物レンタル、は若い人がすることです。気遣いのできる本当に大人な女子は本番前から準備をしておくものです。

道中は自前の安い着物で、お花見時には上質なお気に入りの着物レンタルで臨む、ワンランク上の女子旅をぜひおすすめします。

祇園で着物レンタルをしてお花見といえばココ!

京都の桜

お花見までの準備の次は、ここでようやくお花見の場所についての紹介に移ります。祇園は場所も桜もきれいなため、毎年多くのお花見客で賑わいます。
そこで祇園の定番お花見スポットの他にも、比較的人が少ない穴場スポットを合わせて紹介していきましょう。

毎年多くの着物姿の人で賑わう祇園の名桜『円山公園』

円山公園で着物レンタル

まずは祇園の定番のお花見スポットを紹介しましょう。円山公園と言えば『祇園の夜桜』で知られる京都でもトップクラスのお花見スポットです。

日本庭園をイメージして作られた公園内には料亭や茶店などが点在し、園内にはソメイヨシノを始めとする桜の木が幾つも存在します。

中でも特に見てほしいのが、東山連峰をバックに咲き誇る『2代目祇園の枝垂れ桜』です。高さ12mにも及ぶこの巨木は、昭和22年に枯れた『初代祇園の枝垂れ桜』の種子から育てられた正真正銘の2代目の桜です。

雄々しささえ感じる巨木に咲く美しい枝垂れ桜の花は、まるで武家の姫君のような、強さと美しさが混在した圧倒的雰囲気を持ちます。

また円山公園に来たのであれば、是非とも『夜桜』をお花見していくことをおすすめします。『祇園の枝垂れ桜』は昼と夜で違った顔を見せ、昼が武家の姫君ならば、夜は神秘的な美しさを放つ平安の姫君といった風情があります。

ライトアップされた満開の枝垂れ桜は、夜の雰囲気と相まってまるで源氏物語の世界にでも入り込んだと錯覚させるほどの神秘的な和の美しさを醸し出します。

『祇園の枝垂れ桜』は、毎年3月下旬から4月上旬までの間、日没から0:00までライトアップされるのが通例なようです。
毎年同じとは限らないので、夜桜を見に行くなら予めその年のライトアップ情報を確認しておきましょう。

祇園の桜と言えばココは外せない!『祇園白川の巽橋』

祇園白川で着物レンタル

祇園白川の巽橋、といえば名前くらいは聞いたことはあるであろう有名なお花見スポットです。定番中の定番ですが、祇園に来たらココを外すわけにはいきません。

古き良き時代から現在まで残る京町の建物に風情ある石畳、朱色の木の柵と流れる白川、風にそよぐ柳の葉と満開の桜、正直に言って祇園でここを超えるほど美しい景観が楽しめる場所は少ないでしょう。テレビ撮影の場所にもなったのも納得の雰囲気です。

またここは毎年あまりにも観光客が多すぎたため、2017年から夜間のライトアップが中止していましたが、2019年から再開され話題を呼んでいます。

2019年度は3/29~4/7までの間、18:00~22:00までの間ライトアップされましたが、来年度以降は日時や時間帯などが変更される可能性もあります。

折角再開された祇園白川の夜桜を見逃さないためにも、ライトアップ情報は見逃さないようにしましょう。

着物姿でお花見と合わせてちょっと寄りたい!お洒落なカフェを紹介

京都で着物レンタル

折角京都にまで来たのだから、お花見だけで帰るのは味気なさすぎます。お花見の前、または終わった後に、ちょっとした休憩もかねて寄ってみたいお洒落なカフェをいくつか紹介していきましょう。春限定のメニューもあるのでお見逃しなく。

これぞモダンの和洋折衷『カフェ・ドン バイ スフェラ』

カフェ・ドン バイ スフェラは祇園近くにあるカフェで、この区域には珍しく空間を贅沢に使った席の間隔が広い贅沢な配置と、和洋折衷のモダンなインテリアがお洒落な場所です。

ココでのおすすめは何といっても、京都を代表する名店中の名店『嘯月』の上和菓子とお茶が頂ける『嘯月セット』です。

小豆の風味を残しながらも口の中で溶けていくような餡はさすがと言うべきで、この極上の和菓子をこの贅沢でお洒落な空間で味わうのはまさに至極と言えるでしょう。

京都に来たら是非とも伺ってほしいカフェです。

祇園に本店を構える『祇園辻利』で限定メニューを

祇園辻利は宇治抹茶を専門としたカフェで、京都でも老舗の和カフェとして有名です。ココに来たのならば本場の宇治抹茶を堪能してほしいのは勿論のこと、春の限定メニューを是非とも味わってください。

2018年の春から祇園辻利の本店・高台寺店・八条口店の3店舗で、春限定のテイクアウトメニューが開始されました。

本店では桜のクリームで包まれた抹茶のソフト『春色ソフト』が、高台寺店ではグリーンティーと抹茶ソフトの『ねねフロート』が、八条口店では桜のソフトクリームが味わえます。

思わず3店舗とも梯子したくなる内容ですね。いずれもテイクアウトメニューですが、カフェで本場の宇治抹茶を味わった後にテイクアウトで限定メニューを食べながら京都を散策、というのも乙なものでしょう。


京都で着物レンタルなら梨花和服
京都市内で嵐山、祇園、清水寺に着物レンタル店3店舗展開
梨花和服 京都 祇園店
京阪祇園四条駅から徒歩5分、八坂神社まで徒歩3分
京都の着物レンタルプラン一覧