浅草で浴衣レンタルをして行きたいおすすめスポット5選

浅草で浴衣レンタルをして行きたいおすすめスポット5選

浅草寺本堂

浅草で浴衣レンタルをして「さあ、浅草めぐり!」とはりきりましたが、さてどこへ行きますか?

 

せっかくならレンタルした浴衣が映える浅草の観光スポットへ行きたい!

 

浅草寺をはじめとする浅草の観光スポット、おみやげ、グルメ、歴史ある街「浅草」には和の風情を楽しめるところがいっぱいあります。

 

その昔、和のいでたちで歩いた江戸っ子たちに習い、和の情緒があふれる場所をご紹介します。

 

浅草寺は浴衣レンタルのおでかけに外せない

 

浅草観光ではずせないのが浅草寺。雷門、本堂を始め、境内どこにいても浴衣が映えますね。

 

1400年以上の歴史を持つ浅草寺は、江戸時代庶民の行楽地でもあり歓楽街でもありました。

 

浅草寺でお参りを済ませると、さあ仲見世へ繰り出しましょう。ご存じでしょうか。仲見世は日本で最も古い商店街と言われているのです。

 

浅草寺の参拝客が増えてくると、やはり今も昔も同じでゴミも増えるし汚れもする。ということで近所の人たちが掃除を言いつけられました。

 

「何で私たちが…」と文句の1つも出てきそうなところですが、そこはお上のかしこいところで、その人たちに限り出店や興行を許す許可を与えたのです。それが仲見世の始まりと言われています。

 

江戸の人たちも楽しんだ仲見世は、今も楽しいお店がいっぱい。あげ饅頭やみたらし団子など、浴衣でも気軽に食べられるものが多いのがありがたいですね。

 

浴衣レンタルで演芸ホールで落語観賞

 

和服のしんどいところは歩きにくいところ。特にいつも混雑している浅草寺から仲見世は人が多くて少し疲れてしまうかも。

 

ということで、今度は空調のきいた屋内で座って楽しみましょう。

 

浅草は浅草寺を中心にして、興行が栄えた場所です。ですから芸人さんたちの拠点でもありました。

 

数々の名人芸が生まれ、なんと将軍様も鷹狩の帰りと称して見物に寄られたとか。

 

現在の芸人さんたちの拠点が演芸ホール。普段なかなか落語など聞く機会もなく、興味ないなあって感じですが、浴衣レンタルで気分は江戸です!

 

ぜひ、日本の古典芸能に耳を傾けてみてはいかがでしょう。けっこうハマるかもしれませんよ。

 

浴衣レンタルで江戸の甘味を楽しもう

 

浅草は食べ歩きが本当に楽しい!笑った後は喉も乾くし、お腹も少し減りましたね。浅草寺付近に戻り、甘味やさんをのぞいてみましょうか。

 

江戸ではありませんが、明治創業の「麻生十番浪花屋」です。もっとも古いたい焼き屋さんの1つでもあります。

 

このお店の本店は当然麻生十番ですが、浅草のお店はその本店からの暖簾分けでできたお店です。

 

昔ながらの製法で作るたい焼きは、一個150円。食べ歩きに最適ですし、お店の中でドリンクとのセットでいただくこともできます。

 

こちらは500円。また、かき氷もあって夏場はそちらもおすすめ!

 

浴衣レンタルが映えるお店は手ぬぐいやさん

 

浴衣レンタルで浅草を歩いた記念に、自分用やおみやげ用に手ぬぐいを選びませんか?

 

「ふじ屋」さんの染絵手ぬぐいはとてもオシャレ。季節の絵柄からオリジナルのものまでたくさんそろっていて、選ぶのに苦労します。

 

昔は手ぬぐいは日用品でしたが、今は飾るという使い方ができるほど素敵なものがいっぱいです。

 

浴衣レンタル浅草めぐりの締めは納涼船で

 

浅草めぐりの締めは水上バスで夜景を楽しみましょう。ナイトクルーズが素敵ですね。

 

浴衣とは合わない感じですが、江戸っ子たちは隅田川を屋形船や渡し船に乗って移動していたのです。

 

船の上からの花火見物はとても贅沢な行楽!

 

風景こそ変わりましたが、変わらぬ庶民の町浅草を船から眺めてみてはいかがでしょう。

 

浅草めぐりも浴衣レンタルするだけで、いつもと違った雰囲気を味わうことができますね。

 

浴衣・着物・和服が似合う浅草は、今も変わらない庶民の町。何度訪れても楽しいところです。